11232031_510456185783498_4325249833246389897_o

 

◎2015年11月28日(土)1:00pm~5:30pm

このワークショプでは、プラトン立体と呼ばれる5つの正多面体を各回ごとに1個づつ作っていくシリーズになっています。もちろん単発参加もOK!

1回目…正四面体を作り、それらを上下に重ねた星形二重四面体に仕上げます。通称マカバと呼ばれているもの。
2回目…「正八面体」…二つの四角錐をダイアモンド型に重ねたもの。内側にベクトル平衡体を含む。
3回目…「正20面体」…20個の正三角形の面をもつ立体。
4回目…「正6面体」…サイコロ形で内側に星形二重四面体内包。
5回目…「星形12面体」…12個の五角錐から構成された立体。
番外編として、トーラスの三次元モデル、ベクトル平衡体や星形正八面体など。

◎参加費
5000円(材料費込み)※材料到達の為、要予約。
◎場所
住所 〒252-0186 神奈川県相模原市緑区牧野7029 牧郷ラボ
http://makisato.cloudblog.jp/?page_id=69 
◎申し込み・問い合わせ
FBイヴェントページ https://www.facebook.com/events/1048255198538947/
か 080-6688-5511(河野)
◎JR藤野駅より送迎あり。希望者はその旨をお知らせ下さい。

アルミパイプまたは竹を素材に使って作ります。
各制作物の頂点に6〜8ミリのストーンビーズを着けす。お持ちの方は下記個数を持参して下さい。お持ちでない方は、こちらでプラビーズを用意します。
1回目=8個、2回目=6個、3回目=12個、4回目=8個、5回目=12個

神聖幾何学は、私たち生物や自然界・万物を造り出している基本的な法則を内包しています。このワークショップでは、まず始めに幾何学立体を自らの手で作り、その後、瞑想を行い、自分の意識の中にこの形をイメージします。
内と外につくられた幾何学立体は、そのバランスのとれた形が示すように、知らず知らずのうちに陥っていた思考や感情、ものの見方などの偏りを矯正してくれたり、ヒラメキや創造力などが湧き上がってきます。これらはみな誰もが持っている内なる叡智の働きによるもので、この機能を更に活性化させると、自らが自らを導き自己の本質や宇宙の神秘を知ることにもなるでしょう。

講師 河野光男(絵画・オブジェ・CG・映像等によるマンダラアート作家)
http://makisato.cloudblog.jp/?p=534
1990年ころより、瞑想指導家「山田孝男氏」の設立したノエラ研究所でサイコトロニクス器具の制作を担当するかたわら、瞑想とマインドエネルギーについて様々な実例と体験を通して学ぶ。