422623_366523493380275_1054881440_n
団体概要

一般社団法人エコ食品健究会は中小を中心とする食品企業252社に支えられ、食環境(環境&健康配慮)の改善並びに食文化の発展に貢献すべく活動しています。

活動で蓄えられた情報やノウハウを適切に分析・一元管理し、お客様の経営活動(製造・営業・マーケティング)に活かすべく全力でサポートしています。

昨今の外部環境の変化は企業の経営に難しい舵取りを要求しています。そんな時代だからこそ企業は外部環境に安易に左右されない普遍的で強固な方針(テーマ)をもって経営を推し進める必要があるのです。
私たちは、企業が掲げるべき方針(テーマ)の一つに「環境への配慮」と「健康への配慮」が必ず挙げられるべきと考えています。なぜならばこれらの配慮は「ひと」が本来、心に秘めている根本的かつ普遍的な考えであると確信しているからです。

・ゴミだらけの川を見て何も感じませんか(?)。
・不必要な添加物まみれの加工食品を見て何も感ませんか(?)。

必ず何か感じたはずです「少しでも改善したいと・・」。
私たちは、日々の経営活動の中で感じているこれらの「少しでも・・」の対応・改善をを御支援したいと考えています。

a8c27592ce09fa9aae6c248c20763b94

■キャラクターのブタからのメッセージ

代表の久保がはじめて環境の仕事に関わったのが『エコフィード』という仕組みでした。

コンビニや食品スーパーで廃棄される食品残渣を『もったいない精神』で飼料化し豚の餌に再生利用する取り組みでしたが、この取り組みの中で豚はお腹を壊します。原因は油分が多かったこと。

人間が環境のために『良かれ』と思って実施することは、他の生物には迷惑であることを学習し、本来の環境配慮はどうあるべきか?の視点を忘れないために、豚のキャラクターを使っています。この豚には名前があり、ドクターB(豚)といいます。

http://ecoken-workshop.jimdo.com/